読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 広島パルコ店 シマブロ

島村楽器 広島パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

eventide FISSON使ってみました!

こんにちは。
アコースティックギターウクレレ楽器・デジタル楽器担当の堀です。
今回は、私が勝手に注目しているDTMソフト、eventide FISSIONを使ってみましたのでその感想を書いていきます!
eventide FISSIONについての概要ですが、digilandの商品紹介ページをご確認ください。
info.shimamura.co.jp
それでは、早速FISSIONを立ち上げてみましょう。

f:id:shima_c_hiroshima:20170323160921p:plain
画面構成についてですが、とても分かりやすいレイアウトです。

画面上部:

TRANSIENT(音の立ち上がり)部分に対するエフェクトの操作、GAINの操作を行います。エフェクトに関してはDelay、Tap Delay、Dynamics、Phaser、Reverb、Gate+EQの6種類のエフェクトを選ぶことができるようになっています。

画面中部:

TRANSIENT部分とTONAL(音の余韻)部分の音がそれぞれどういう感じで分離するかの操作を行います。

SOURCE TYPEの項目で、TRANSIENT部分とTONAL部分の分離のさせ方をどういったものにするかを選びます。項目は、Generalをはじめとして、Kick、Snare、Bass、Piano/Synth、Guitar、Vocalなど13種類ありました。

FOCUSの縦フェーダーでは、TRANSIENT部分とTONAL部分の分離しているバランスを変更することができるようです。両方の音が出ている状態ではバランスを変えても違いが分かりませんが、TRANSIENT部分とTONAL部分のどちらかのSOLOボタンをONにして縦フェーダーを動かすと音のバランスが変わっていくのが分かりました。

SMOOTHINGのノブは、TRANSIENT部分とTONAL部分の切れ目のつながり方がどれくらいスムーズに繋がるのかを調整するようです。数値を大きくしていくと、音のつながりがスムーズになるようになっていくようです。TONAL部分のSOLOボタンをONにして試してみると分かりやすいと思います。

TRANS DECAYのノブは、TRANSIENT側に音の余韻をどれくらい入れておくのか調整します。調整次第で、TRANSIENT部分をSOLOにしてを素早く弾いたようなサウンドを作ったり、TONAL部分をSOLOにして弓を使って弾いたようなサウンドを作ることができそうです。

それぞれの音のバランスは、FOCUSの縦フェーダーの右にある青色と緑色の横線が見える場所で確認することができます。

画面下部:

TONAL部分に対するエフェクトの操作、GAINの操作を行います。エフェクトに関しては、Daley、Compressor、Pitch、Chorus、Reverb、Tremolo、EQの7種類から選ぶことができるようになっています。

こまごまと書きましたが、何ができるのかというと「音の立ち上がりと余韻のバランスを分けることができる」ということと、「それぞれの音の音量バランスを変えたり。エフェクトをかけるいことができる」ということです。

それでは、まずアコースティックギターの音で音を分離させてみました。


原音
soundcloud.com

ラインで録ったアコースティックギターの音です。
この音をFISSIONを使って音を分離させていきます。

f:id:shima_c_hiroshima:20170323161032p:plain
今回は上の画像のようなバランスで分離させています。

TRANSIENT部分の音
soundcloud.com

TONAL部分の音
soundcloud.com

それぞれ分離させた音だけを使って、音楽制作に利用することもできそうです。
それだけではなく、分離させた音に別々にエフェクトをつけてみることもできます。

TRANSIENT部分にDelay、TONAL部分にTremoloのエフェクトをかけた場合。
soundcloud.com

普通のエフェクターでの音作りで満足できない、サウンド作りで細かなところを処理したいという時には使えるソフトだと思います。
他にも、TRANSIENT部分とTONAL部分のGAINのバランスを変えてサウンドを整えたり、色々と細かい音作りに使うことができそうです。
細かな音作りやこれまでにない斬新なサウンドの制作に使えるソフトだと思います。

記事を書いた人:

アコースティックギターウクレレ楽器・デジタル機材担当:堀(ほり)

チェロ教室 アンサンブルコンサート レポート

3/21(月)新設管楽器コーナーでデモ演奏!

f:id:shima_c_hiroshima:20170321215051j:plain
みなさん、こんにちは。音楽教室担当の内藤です。
今日はチェロ教室講師稲葉先生と生徒のみなさんの店頭デモコンサートをレポートします。
当店専属チェロ講師:稲葉クミ先生率いる 生徒によるアンサンブルチーム"Salon de violoncelle (サロン・デ・ヴィオロンチェロ)"のみなさまに演奏を披露してもらいました。
多くの方が立ち止まり、普段聴かないチェロの柔らかく豊かな音色に耳を傾けました。
クラシックやポップスなど色々な曲を演奏いただきました。

f:id:shima_c_hiroshima:20170321215526j:plain
デュエット演奏の様子。

f:id:shima_c_hiroshima:20170321215847j:plain
生徒さんのみのトリオ演奏の様子。

f:id:shima_c_hiroshima:20170321220116j:plain
今回の演奏会のトリは音楽教室を卒業される生徒さんと稲葉先生のデュエットで締めくくりました。こちらの生徒さんは初めてチェロを手にして5年経ちますが、熱心に練習に取り組まれ稲葉先生も目を見張る上達をされました。多くの方から暖かい拍手を送られ、この演奏会を持って卒業となりました。

f:id:shima_c_hiroshima:20170321220651j:plain
演奏会の終演のあいさつの後、なんとお客様からアンコールがかかりました。
片づけている最中でしたが、急遽呼び止め、演奏を再開!
生徒さんのみによるトリオの曲目をアンコールで披露しました。
先生も演奏したそうに見守る中、終演!
本当にお疲れ様でした。

初めてチェロの音色を聴かれた方もいらっしゃり、楽器の数が重なるごとに柔らかく響くチェロの魅力を存分にお伝えすることができたと思います。また皆様にチェロのすばらしさを体感いただけるよう、店頭での演奏会を企画してまいりますのでご期待ください。
以上、デモ演奏のレポートでした!

イベントレポート~ピアノ連弾Party~

皆さんこんにちは。ピアノインストラクターの浦﨑です。
今回は3月12日(日)に行われた連弾Partyのレポートです!
連弾Partyはサロンの会員様に連弾だけのプログラムで気軽に楽しんでもらいたい!
という思いから始まり今年で5回目を迎えることが出来ました\(^o^)/
今回はスクールの生徒様に出演していただくこともでき、多くの方にもご来場いただきとても盛り上がりました。
出演された皆さんがとても楽しそうに演奏されている姿に嬉しく思いました。
それでは、連弾Partyの様子をお伝えしていきます!

連弾Party Vol.5の様子♪

サプライズゲストとしてオープニング演奏に、小原店長、山崎店長がルパン三世のテーマ曲を演奏してくれました。
二人の息もぴったりで、アドリブも入ったり会場の皆様からも大好評でした!
f:id:shima_c_hiroshima:20170321152643j:plain

連弾をやってみての感想などインタビューしながら行っていきました。
連弾Partyは毎回アットホームな雰囲気です(*^-^*)
f:id:shima_c_hiroshima:20170321152715j:plain

サロンに入会して半年の会員様にもご出演いただきました。
初出演で演奏前は緊張されていましたが、練習の時以上に素晴らしい演奏を披露してくれました。
f:id:shima_c_hiroshima:20170321153355j:plain

そしてスクールの生徒様も今回は初参加です。
先生と可愛らしく、かっこよく「ねこふんじゃった」を演奏してくれました♪
f:id:shima_c_hiroshima:20170321153813j:plain

連弾Partyはホールなどの発表会とは違い、アットホームで気軽に参加できるので
毎回参加して下さる方も増えてきました。
f:id:shima_c_hiroshima:20170321203704j:plain

プログラムの最後はインストラクター原田、浦﨑で「情熱大陸」の演奏です。
会員様の頑張りに負けないように私たちも練習を重ねてきました。
練習を重ねるごとに息も合ってきて、連弾の楽しさを改めて感じることができました!
f:id:shima_c_hiroshima:20170321154517j:plain

演奏終了後は記念撮影です!
皆さん弾ききった達成感でいい笑顔をしてますね(^o^)
f:id:shima_c_hiroshima:20170321154712j:plain
そしてご来場いただいた多くのご来場者様ともパシャリ!
f:id:shima_c_hiroshima:20170321154922j:plain

最後に

今回の連弾Party本当にたくさんの方にご来場いただくことができ嬉しく思っています。出演された会員様も練習を重ねるごとに上達していく姿に感動しました。また連弾を通して会員様同士が仲良くなったり、新たな音楽の楽しみ方を知っていただくことができました。これからもピアノの楽しさを知っていただけるイベントを企画していきたいなと思いました♪

ピアノに興味のある方はいつでも当店にご来店下さい。
www.shimamura.co.jp

www.shimamura.co.jp

【セミナーレポート】リード選びセミナーを行いました!

皆さんこんにちは!
サックスインストラクターの山下です(^O^)/
今回は3月5日に開催したリード選びセミナーのレポートを書いていきます。
今使っているリードは自分に最適なのか、そもそもリードって何なのか…など今さら聞けないリードの選び方を解説しました!
ちなみにこの日は、管楽器コーナーリニューアルオープン2日目!とても盛り上がっていました(∩´∀`)∩

セミナー内容

◆リードとは?リードの仕組みと名称について
◆各メーカーごとの特徴と音色の比較
◆リードの取扱いと保管の仕方など!

f:id:shima_c_hiroshima:20170320141644j:plain

初心者の方も、ご経験者の方でも、リードについては意外と知らないことがたくさん…!
ご参加いただいた方々の中にも、「とりあえず先生におすすめしてもらったリードを使っています。」というお声が多かったです。
メーカーごとで音色がどのように変わるのか?マウスピースとの組み合わせとリードの硬さとの関係性、リードの取扱いから保管方法まで、リードについてお悩みの多い内容を取り上げて、いろんな違いを聴き比べてもらいながら初心者の方にも分かりやすく解説いたしました!
特にティップオープニングについては「気にした事がなかった。」という意見の方が多くいらっしゃいました。

f:id:shima_c_hiroshima:20170320141856j:plain

セミナー後には、実際に色々なリードを使ってミニコンサートを行いました!
ただ・・・今回はマウスピースは変えずにリードのみを変えたので、それはそれで中々大変でした(笑) 

f:id:shima_c_hiroshima:20170320142931j:plainf:id:shima_c_hiroshima:20170320143002j:plain
サックスは本体はもちろんですが、吹き口の部分である、【マウスピース】・【リガチャー】・【リード】のセッティング(組み合わせ)を変えてみるだけでも、
音色と吹き心地に大きく影響があります。
サックスはジャズやクラシックなど幅広いジャンルと音色が楽しめる楽器ですので、それぞれ自分の好きな音色で、自分の一番吹きやすい組み合わせを探してみるのがといいと思います。
リード1枚でも選び方によってはご自分の新しい音を見出せるかもしれませんね!
また、リードやマウスピースについてはいつでも私までご相談ください。精一杯サポートさせて頂きます!


そして、サックスや管楽器に興味をお持ちの方はいつでも当店へ遊びにいらしてください(^O^)/
www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.