島村楽器 広島パルコ店 シマブロ

島村楽器 広島パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

音男(オトメン)パラダイス!第11回~ウインドシンセサイザー:AKAI EWI4000s

ウインドシンセが密かにアツイ!?

みなさんこんにちは!
オトメンパラダイス初登場!エレキギターエレキベース担当の宇野です。

いやー暑いです!9月だというのになかなか残暑が厳しいです。
通勤は自転車を使っているのですが、今でもお店に着く頃にはじんわり汗をかいてしまいます。
早く秋にならないかなー・・・

ウインドシンセサイザー

ということで、私の初投稿は「ウインドシンセ」についてです。
ウインドシンセって何?」とお思いの方も多いのではないでしょうか?ウインドシンセとはその名の通り「管楽器の奏法でシンセサイザーをコントロールする電子楽器(ウィキペディアから引用)」です。
もっと分かりやすく言うと「F1グランプリのオープンニングテーマ(T-SQUARE「TRUTH」)で使っていた楽器」です。ピンと来る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この楽器が最も注目されていたのが80年代後半から90年代にかけて。まさにT-SQUAREのTRUTHがテレビでよく流れていた頃です。当時は同様のウインドシンセヤマハも発売していました。現在はAKAI一社の生産となっていますが、今もなおモデルチェンジしユーザーは多くいます。運指をサックスやリコーダー・クラリネットなどに変更できるので管楽器をしている方が多く持っている場面をよく見かけます。当店のスタジオをご利用いただいているバンドの方にもウインドシンセを使用している方をよくお見かけします。

さて、そんなウインドシンセをなぜエレキギター・ベース担当の私が紹介しているのか?実は私、サックス吹きなんです。過去を振り返れば吹奏楽部でサックスを吹いたことが音楽の世界に本格的に入ったきっかけでした。そこから幾多の事があり・・・まぁ思い出話は置いといて、そんなことで私もウインドシンセを持っているんですね。

音楽シーンは選ばない!どんなジャンルでもOK!!

シンセサイザーなので出せる音色は無限大!私の持っているEWI4000sには本体に100種類のアナログシンセの音が既に内蔵されています。これ以外にもMIDIケーブルで外部音源と繋げばサックスなどの管楽器の音やピアノ音、ギターの音も思いのままです。音を出すのに特に特殊な能力はいりません!取り合えず吹き口をくわえて息を入れてください。すぐに音が出ますよ!そこから先は練習あるのみ。頑張っていきましょー!!

字で書くだけではイメージも涌きにくいと思うので、取りあえず吹いてみました!曲はアニメ「進撃の巨人」第1期のオープニングテーマ「紅蓮の弓矢」です。実は私、アニメも好物でして・・・まぁそれはいいです。語ると長くなりますので・・・ではどうぞ!!

ちなみに私が持ってるEWIは、2012年AKAIEWIシリーズ発売25周年を記念して数量限定で発売したモデルです。これ、光の加減でボディの色の見え方がブルーからグリーンに変わるんです!これ私の密かなお気に入りです。

ウインドシンセを使用しているアーティストも多く活躍されています。先ほど上げたT-SQUAREでも活躍された伊東たけしさん、本田雅人さん、宮崎隆睦さんや、クラリネットアンサンブルユニット「カラフル」の方々もEWIでCDをリリースしています。
詳しくはググって見てくださいね。

是非興味を持った方は当店で宇野までお声を掛けてください!アツク語りますよー。
今新しいアニソンをEWIで練習中の宇野でした。(リクエスト受付中・・・)

前回の音男(オトメン)ブログはコチラ↓
http://www.shimamura.co.jp/shimablo/hiroshima/index.php?itemid=34461

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.