島村楽器 広島パルコ店 シマブロ

島村楽器 広島パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

音男(オトメン)パラダイス!~改造実験!スーパーP-BONEの第13回~

みなさん、こんにちは!

管楽器・ピアノ担当の音男(オトメン)内藤です!

2014年開始の音男ブログも前回同様も珍しい管楽器の紹介をしていきたいと思います!

これまでのあらすじ

音男パラダイスとは: 男性スタッフだらけの男の園、広島パルコ店の音楽大好き男、通称「音男(オトメン)」たちが 気に入った楽器、音楽の豆知識を好き勝手紹介して行くブログであった…

スライド・バルブ・pBONE(通称:スーパーPボーン)のご紹介

以前紹介したスライドとピストンバルブの両方を兼ね備えたスーパーボーンにちなんで作ったスーパーPボーンをご紹介いたします!

スーパーPbone

大人気のプラスチックトロンボーン、P-BONEを改造実験!ピストンバルブを接続し、左手でピストン、右手でスライドによる演奏が可能です!

百聞は一見にしかず!動画をご覧下さい↓

演奏困難!

トランペットではピストンを右手で操作して演奏します。ところがスーパーボーンは左手でピストン操作、右手でスライド操作!という離れ技を行わなければなりません。それに加えて今回実験に作成したスーパーPボーンは本来搭載されていないピストンバルブをポケットトランペットを流用して接続しています。当然通常のスーパーボーンとは管長が違うためピストン操作も特殊な指使いになっております(動画参照:おおよそ1番が2番、3番が1番の管長)。またピストンバルブを接続したことと、マウスパイプを延長したことにより、かなり音程がフラット気味になっており必死に口元で調整している様子も動画で覗えます!また強引な金属+プラスチックという異種部材の接続により吹奏感もきつ目で演奏は困難を極めます!

苦労して作成しました(実験風景)

※今回の実験はスタッフ内藤が趣味と経験を活かし、独自に行ったものです。また改造に伴い、プロの管楽器クラフトマン・リペアマンのアドバイスの元、安全に配慮し実験を実施しております。個人の改造は楽器の保証が受けられなくなり、また大変危険ですので絶対に行わないでください!

ポケットトランペットバラバラ

ポケットトランペットのベル部分を外しました。バラバラです。


バルブユニット

バルブユニットのみになりました!


接続口作成

pboneを接続するためエルボ型の管を切断し向きを変更します。


pbone管内径にジャストサイズ

Pbone管内径にジャストサイズです。


ぴったり

Pboneもバルブ搭載サイズに合わせて管を切断します。バルブがぴったり収まります。画面上に見えるのは切断した端材です。

なわとびなわとび

なわとびの持ち手をマウスパイプに加工していきます。写真では判りませんが細管のマウスピースが接続できるようリーマで内径を広げています。このパーツが無いと、バルブと左顔面が干渉し左耳元でバルブ操作を行わなくてはなりません!


完成

最後に水道管と金属充填材でバルブを接続して完成です!


スーパーPbone

スーパーPbone

面白い楽器が完成しました。本物のスーパーボーンに近づけたでしょうか!?

ぜひご来店の際は内藤にお声かけいただき、マニアックなトロンボーンについて語り合いませんか!

前回の私のブログはコチラ↓

「音男(オトメン)パラダイス!~W奏法スーパーボーンの第9回~」

http://www.shimamura.co.jp/shimablo/hiroshima/index.php?itemid=33741

「音男(オトメン)パラダイス!~驚きの鍵盤笛アンデスの第6回~」

http://www.shimamura.co.jp/shimablo/hiroshima/index.php?itemid=32806

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.