読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 広島パルコ店 シマブロ

島村楽器 広島パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

スタッフが体験レッスンを受けてみた~ドラム編~

みなさん、こんにちは!
広島パルコ店 スタッフの西山です。

趣味は、沖縄三線と鼻歌(振り付け有)です。
ここ最近「リンゴ追分」を朗々と歌っていることが多いです。大変怪しいだろうと思います(。-_-。)

そして私は、叩く系の楽器も好きなんです。リズム刻むの大好きです。
吹奏楽部でパーカッションをしていた頃は、サスペンドシンバルとシロフォンが得意でした。苦手だったのはタンバリンとスネアとチャイムとカバサと……あれ、いっぱいある (;´・ω・)
そういえば和太鼓のレッスンを5年くらい受けたこともありました。楽しかったな~

そんな感じの“楽しい”重視な西山が、
みなさんお待ちかねの
ドラム体験レッスン(30分)を受けてみました!

準備はよろしいですか?
それでは行ってきます!!

レッスン室へ。

先生いるかなー…|д゚)

先生「あ!西山さん、どうもどうも(^^ )/」
西山「先生!よろしくお願いします!」

f:id:shima_c_hiroshima:20170424173909p:plain
ドラムの講師、中村先生です◎

先生「よろしくお願いします。では早速ですが~」
西山「ハイ!(緊張)」

先生「ドラムのご経験はありますか?」
西山「吹奏楽部の頃は、ドラムセットの出番が少なくて、あんまり練習してなかったような…(急に弱気)ブランクもあるし、今はかろうじて8ビートが刻める程度かと思います」

先生「ふむふむ。ちなみに丁度ここに8ビートの譜面があるんですけど…」
f:id:shima_c_hiroshima:20170424173653p:plain
先生「これはリズムのとり方がかいてあるんです。ドラムは音階がないのでリズムだけですね。
上の×がハイハット、下がバスドラム、真ん中がスネアです」
f:id:shima_c_hiroshima:20170424173722p:plain
先生「初心者の方は、スティックの持ち方からやりますが、西山さんは経験者という事なのでさっそく叩いてみましょうね。このスティックを使いましょう」
西山「わかりました!」

おっと、これは…。
手前に練習用ドラムパッドのセットが準備してありますね。これでご指導いただくのかな?
f:id:shima_c_hiroshima:20170424173752p:plain
先生「西山さん、そこじゃないです。こっちです( ^^)/″」
西山「あらっ!そちらですか!( ゚Д゚)」
f:id:shima_c_hiroshima:20170424174438p:plain
スタジオ奥のドラムセットに着席。

先生「生徒さんには直接ドラムセットに座っていただいてアドバイスします。ドラムパッドはグループレッスンの時に使うんですよ」

なるほど。
グループレッスンで生徒さんが複数人スタジオに入る場合、ドラムパッドを使用することがあるんですね。
(ドラムのコースは個人レッスンとグループレッスンを入会時にあらかじめお選びいただくことができます)

先生「じゃあまず、8ビートを自分が思うように叩いてみましょう」

西山は8ビートをゆっくりペースで叩いてみました。

先生「うん、いいですね。叩けてますよ。
バスドラムの足なんですけど、ペダルに足裏全体を乗せているようなので、今度はかかとを浮かせてつま先で踏み込んでみましょう。
ビーターが跳ね返らないように踏み込む。そうするとパンチが出て音の輪郭がはっきりします。
ゆくゆく連打したい時にも役立ちますからね」
西山「連打……(゚Д゚)」

先生「ポイントは、ペダルのプレートから足を離さずに踏み込むこと。やってみましょう」
f:id:shima_c_hiroshima:20170424173358p:plain
西山はバスドラムに意識を向けつつ、8ビートを刻みます。
はじめのうちはリズムが崩れたりしましたが、数回くり返すうちに身体が慣れてきて、感覚がつかめてきました。

先生「うん、その調子。出来そうですね。では1拍めにクラッシュシンバルを打って、繰り返してみましょう。

西山はクラッシュシンバルを追加しつつ、バスドラムのつま先に集中。
その後、
バスドラムのリズムパターンをいくつか変化して打ってみる。
②ライドシンバルでハイハットのリズムを叩いてみる。
というのをやりました。

先生「いい感じです。出来てますよ。バスドラムのつま先も慣れてきましたね。じゃあ、ハイハットのオープン&クローズをしてみましょう」
西山「先生!私ハイハットのオープン&クローズ、やったことないんです!」
先生「大丈夫です。出来ますよ。バスドラムのペダルと同様に、ペダルのプレートから足を離さないように意識してふみましょう」
西山「はい!やってみます!」
f:id:shima_c_hiroshima:20170424173526p:plain
西山はハイハットをオープン&クローズしつつ、8ビートを刻みます。
うむ。たしかに動きの感覚がつかめたら、出来そうな気がしてきたぞ。
その後、
①1拍めにクラッシュシンバルを追加。
バスドラムのリズムパターンを変化して打つ。(←これちょっと集中しました!右足左足を同時に踏んだり、交互に踏んだりをミックスしつつ、両足ペダルはつま先のみで踏んでプレートから足を離さないようにして、もちろん右手左手も動かして……みたいな感じでした。ふうぅ~~)
f:id:shima_c_hiroshima:20170424173226p:plain
と、ここまでで、29分経過。はやいっ
ちょうど身体が慣れてきたころに時間切れとなってしまいました。

先生「ドラムはね、楽しいですよ。子供からお年寄りまで、誰でも叩けば音が鳴りますから。色んな人に面白さを体験してもらいたいですね」

感想
先生が、多少の経験のある人に対しても、基礎の大切なポイントや変なクセなどを見抜いて、本人のペースに合わせて丁寧に指導して下さるので、安心してレッスンを受けることが出来ました。
頭で理解しているリズムと身体で動かすリズムとで必死になって、「あーどうしよう!」と思っていると、自然体で気負わない雰囲気をお持ちの中村先生が「出来てますよ」「そんな感じで合ってます」「今みたいにやったら大丈夫」と、合いの手を入れてくださるので、とても楽しかったです(笑)
タムやリムショットフィルインなど、いろんな奏法が加わると、ドラムが何十倍も楽しくなるんだろうなと思いました。

おわりに
はじめての方もブランクのある方も、
基礎を学びたい人も技術を学びたい人も、
どんな方でも大歓迎いたします。
ドラムに少しでもご興味のある方は、ぜひ体験レッスンを受けてみてください。
どうぞお気軽にスタッフへお申しつけ下さい。

ありがとうございました♪♪

www.shimamura.co.jp
ミュージックスクールの特長 音楽教室-島村楽器

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.