島村楽器 広島パルコ店 シマブロ

島村楽器 広島パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.7【サックスタンポの秘密!】

f:id:shima_c_hiroshima:20170514135222j:plain

こんにちは!

いよいよ夏本番ですね!
夏になると食べたくなるのは・・・・そう!辛い鍋!
汗だくで食べる辛い物は冬とは違うおいしさ!
しかし食べた後に後悔することもしばしば。
涼しく辛い物を食べれる方法を募集しています。(´・ω・`)


さてさて!久しぶりに岡がお送りする管がえる人7弾。
今回はタンポのお話。

タンポってなに???
という方も多いでしょう。
今日はタンポの中でもサックスのタンポに注目。

だからタンポってなによ?


タンポというのは音孔(トーンホール)を自分の指の代わりに塞いでくれているパッドのことです(*'ω'*)
サックスのタンポはレゾネーター(ブースター)という物がついています。
このレゾネーターに音が跳ね返って響いてくれるんですね!
サックスの反響板です('ω')ノ
タンポの皮の色、レゾネーターの材質などはメーカーやモデルによってさまざま。
f:id:shima_c_hiroshima:20170727175642j:plain

普段タンポは楽器にひっついているので裏側って見る機会がなかなかないですよね。
私は毎日のように見ています!!!( ・´ー・`)ドヤ
本日はタンポの裏側もお見せしましょう!
f:id:shima_c_hiroshima:20170727175716j:plain

裏は茶色くないんですね。
何故かというと、タンポは4層構造だからっ!
タンポをまっぷたつに切ってみましょう♪
f:id:shima_c_hiroshima:20170727175738j:plain

このような感じ。
1番下、裏返した時に見えていたのは台紙(厚紙)です。
写真の断面図は台紙にラック(楽器にタンポを付けるための接着剤)をつけた後ですが。。。
その上に見える白色がフェルト
その上が皮
その上がレゾネーターです!

こんなにたくさんの材料が組み合わさってできてるんです。
そんなタンポが1本のサックスにこんなに付いてます!
f:id:shima_c_hiroshima:20170727175936j:plain

聞いて欲しいのはここからです!
ページを閉じずに最後まで読んでください!!!( ;∀;)


このタンポの構造がミソなんです。
よく修理に出すと修理屋さんが「調整が狂ってますね~」とか「調整しときましたよ~」とか言ってますよね。
その調整っていうのがこのタンポと音孔の間に隙間がないよう埋める作業のことなのです。

なぜ調整が狂うのか?

そう、何故調整が狂うのか。
修理屋さんに定期メンテナンスしろって言われる皆さん、原因はそう!!タンポ。
さっきの構造でフェルトが入ってますよって言いましたね。
フェルトってお洋服と同じで伸び縮みするんです!!!!
波打ったり何度も何度も水にさらされると固くなったりもします。
お洋服も何度も洗濯していると縮んだり、ゴワゴワになったりしますよね。
それと同じことがタンポでも起きているんです。
ガーーーーーーーーン!!
サックスは演奏し終えると管内がに水がたくさん出てますよね。
その水がフェルトが伸び縮みしたり、固くなったりす原因です。
結果、フェルトが変形し音孔とタンポの間に隙間ができてしまうんです。

隙間のできた楽器はうまく音が出せなくなったり音程が変になったり。。。
ジワジワと変形してくるので人によっては音もちゃんと出てるし悪いとこなんてないよ?と思ってしまいがちなんですが。
気づいていないだけで実は調整が狂っちゃてるってパターン、めちゃくちゃ多いです。(´・ω・`)
調整が狂うと、、、、楽器本来の力が発揮できなくなってしまいます。



だ、か、ら、、修理・調整が必要なんですよ♪

あまりに酷く狂っていたり破れていたりするタンポは交換します!

調整を長持ちさせる秘訣

水分が大敵!という事はもう分かりましたね!
水だけでなく湿度も大きくタンポに影響してきます!
ま、まさか、、演奏後にスワブを通してないです!!という人はいませんよね・・・?
スワブを通してクリーニングペーパーでタンポの水気を取っているのが大前提です!

f:id:shima_c_hiroshima:20170728192155j:plain


びちゃびちゃのスワブをケースにそのまま入れてませんか・・・!?
そのスワブからたくさんの水蒸気が出て湿度が急上昇してしまいますよ!(しかも臭くなる。)
乾かしてから入れるか、ケースはケースでも本体と同じところではなく、外ポケットなどに収納しましょう♪

f:id:shima_c_hiroshima:20170728192648j:plain

湿度調整剤に助けてもらうのが手っ取り早いです!
よく煎餅なんかに一緒に入ってるシリカゲルでもいいんですが、、あれだとちょっと乾燥しすぎちゃうので楽器用の物がおすすめ!
このモイスレガートを本体と一緒にケースにしまうだけ!
それだけで2年間このモイスレガートが吸湿、更に乾燥時には加湿もしれくれます♪


この時期は暑さも湿度も凄いので管楽器にとっては酷な時期!
しっかりメンテナンス・お手入れしていきましょう!




ではまた次回っ!

今までの【管がえる人】ブログ一覧はこちらから↓

hiroshima.shimablo.com

待望の銀磨きイベント開催決定!

楽器の変色、気になりませんか??
管がえる人第一回目でお伝えした銀磨きをやってみませんか??
その場で私が分解して一緒に楽器を綺麗にしていくイベントです!
ご予約お待ちしております(^^)/

f:id:shima_c_hiroshima:20170728165839p:plain

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.