島村楽器 広島パルコ店 シマブロ

島村楽器 広島パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【管楽器】JodyJazz新商品JAZZ1発売記念イベントを開催しました!

創業者が広島パルコ店に来店!

f:id:shima_c_hiroshima:20171008175324j:plain
皆様こんにちは!サックスインストラクターの山下です('ω')ノ
今回は、10月7日に行ったサックスマウスピースメーカーのJodyJazzより新発売の
ジャズ初心者向けマウスピース「JAZZ1」のプロモーションイベントの様子を振り返ります!

創業者、Jody Espina氏による新商品と既存商品の説明

f:id:shima_c_hiroshima:20171011161423j:plainf:id:shima_c_hiroshima:20171014155330j:plainf:id:shima_c_hiroshima:20171014154633j:plain
まずは、Jody氏のデモンストレーション演奏でスタートしました。
現役のプレイヤーの演奏を目の当たりにして、感動しました!

f:id:shima_c_hiroshima:20171011161906j:plain
演奏の後、いよいよプレゼンテーションが始まります。
まずは、島村楽器商品開発課の堀越から。実は今回の新商品「JAZZ1」は島村楽器だけで販売されています。
こちらがその新製品「JAZZ1」になります。
f:id:shima_c_hiroshima:20171011202555j:plain
続いて、Jody氏のお話しです。
f:id:shima_c_hiroshima:20171008213411j:plain
「JAZZ1」開発のきっかけは、堀越からJODYJAZZ社へ「クラシックサックスを吹いている方でも簡単にジャズサックスの音が出せるマウスピースを作れないか?」という要望からだそうです。
この要望を受けて製作が始まりました。
ディップオープニング(マウスピースの先端とリードの隙間の開き具合)はクラシック向きのモデルに近い開きながら、ボア(マウスピースの内部の筒状部分の長さ)を広く設計する事でパワフルなサウンドを出す事が可能になりました。
まさに、島村楽器とJODYJAZZの共同開発ですね!

そして、既に販売されているモデルの紹介もありました。
f:id:shima_c_hiroshima:20171011163120j:plain
JODYJAZZマウスピースは個体差を限りなく無くす為に、一部機械切削をしています。
NCルーター(削る形をプログラムすることで、すべて機械制御で同じ形に成型する機械)を使用して、できるだけ個体差が出ないような工夫をされています。しかし、バッフルやティップレール・サイドレールなど微妙な差が音色などに影響する部分は手作業で丁寧に製作されているそうです。
当店のJODYJAZZマウスピース在庫ラインナップは下記よりご確認ください。
www.shimamura.co.jp

サックスの練習についてのレクチャーもしてくれました!

f:id:shima_c_hiroshima:20171011163421j:plain
こちら、何をしているかわかりますか?
これは、「呼吸法」についてJody氏のレクチャーの様子です。
楽器を吹く上でよく耳にする「複式呼吸」、これは管楽器を演奏する上で共通の大事なポイントですが
Jody氏は「息を吸う順番が重要だ」と述べていました。
①お腹→②胸→③喉
この順番を意識するとしっかりブレスを取ることができます。
これを常に意識しておく事で、良い音を出す事が可能になります。

呼吸法の次は「ロングトーン」について。
音を伸ばし続ける練習の事ですが、ただ無心で音を伸ばし続ける人もいれば、よくわからないが自分の納得のいく音になるように何かの念をこめてロングトーンをしたりとやり方は人それぞれ。
ここでJody氏は、「理想の音をイメージしながらロングトーンをする」と言われていました。
イメージをしながら音を出す事は、音作りにおいて非常に重要な事だと言われました。
皆さんも、憧れのサックスプレイヤーやあんな音が出したい!と思った事があるかと思います。
是非これからは「イメージ」しながら練習してみましょう!

次にJody氏がレクチャーしてくれたのは、アンブシュア(口の形)についてです。
クラシック系サックスでは「下唇を巻いて吹く」という風に教えられることが多いですが、これはこのようにすることで敢えてリードの振動を抑えることで無駄なリードの振動を抑え、きれいな音を出すというようにしているそうです。
ジャズ奏法の場合は、クラシック系とは逆にリードの振動を最大限活かすアンブシュアをしますので、マウスピースを少し深めにくわえてあまり下唇を巻くことを考えずにゆったりとした口にします。
このアンブシュアで息のコントロールを出来るようになれば、とてもパワフルなサウンドからしっとりゆったりとしたバラード系のサウンドまで幅広く音を作れるようになるとのことでした。
このコントロールを出来るようにするために、先にあげたしっかりと息を吸いロングトーンを行うことがとても大事になります。

この記事を書いている私自身にもとても勉強になる内容でした!
ちなみに、事前の打ち合わせでは練習方法のレクチャーをする話は出ていなかったみたいです(笑)
来場者が当店の生徒や学生が多いという情報からでしょうか・・・来場された生徒さんは「とても参考になって練習したくなった!」と早速練習に出掛けられた人もいたり・・・(笑)
思わぬサプライズでも、非常にためになるサプライズでしたヽ(^o^)丿

そして最後に、2曲ほどセッションをさせて頂きました!
f:id:shima_c_hiroshima:20171011165502j:plain
私自身、外国の方とセッションをするのは初めての事でしたので「英語喋れんわどうしよ・・・英会話教室行くか・・・」と数日悩んでいましたが、
音楽に国籍は関係なかったです!開場前の初対面の時にJody氏から「ちょっとセッションしてみよう!」と言われ「イエス!」としか言えなかったのですが、曲が始まると後はいつも通りのセッション。
本番もJody氏の熱いプレイに魅了されながら必死に食らいつこうと思いましたが、圧倒されました・・・

以上で、レクチャー&デモンストレーションは終了。
Jody氏の次の新幹線のお時間までは、試奏会を行いました。
f:id:shima_c_hiroshima:20171011170153j:plain
Jody氏本人から直接吹き方やリードのセッティング、相性まで細かく指導してもらいました。
大盛況のうちに試奏会も終わり、Jody氏御一行は次なる会場へ。
以上で、イベントレポートは終了です!最後まで読んでくださりありがとうございました。

当店ではサックスレッスンを開講しております!

私と一緒に楽しくサックスを演奏してみませんか?
ご興味のある方は下記ページよりお問い合わせください\(◎o◎)/
www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.